• ホーム
  • 市販の抗真菌薬は爪水虫には効果なし

市販の抗真菌薬は爪水虫には効果なし

きれいな脚と花

抗真菌薬には市販薬として販売されているものも多くあり、特に水虫治療薬として販売されているような商品ですとそのほとんどが抗真菌作用のある薬となっています。
通常の皮膚に発生した水虫であればこの市販の抗真菌薬でもある程度の効果を見込むことが出来るのですが、しかしその例外として注意をしなくてはならないのが爪水虫です。
爪水虫とは爪に発生してしまった水虫のことであり、初期症状では爪全体が白く濁って見える、爪の中に白い筋が見えるといったような症状が挙げられます。
これが進行すると爪の変形やかゆみといった自覚症状に繋がってくるわけですが、この爪水虫に対しては市販の抗真菌薬ではほとんど効果を見込めません。
というのも現在市販されている抗真菌薬のほとんどは塗り薬やスプレーとして販売されているのですが、爪水虫の場合は爪という固い組織の奥に白癬菌が繁殖してしまっているわけですから、そうした薬では爪の奥にまで有効成分を浸透させることが出来ないのです。

そのため爪水虫が出来てしまったということでドラッグストアに行って薬を買ってきても、その状態は悪化こそすれど良くなることはほとんどありません。
ではどのように治療すれば良いのかというと、これは基本的に飲み薬で治すほかありません。
皮膚科などではこうした爪水虫に対して抗真菌作用のある内服薬を処方して対処しています。
自覚症状が出るほどまで悪化してしまっているのであれば完治までは時間がかかってきますが、それでも内服薬を根気強く飲んでいけば完治を目指すことは十分可能です。
むしろ爪水虫は放置していると最悪足の切断なども行わなくてはならなくなりますから、早い段階で専門医の診察を受けて治療薬を処方してもらうようにしましょう。

関連記事
  • ひどくひび割れている水虫状態の足裏
    水虫に効く抗真菌薬の種類 真菌とは俗にカビとも言います。 真菌の中でも白癬菌が角質層に感染、寄生して発症する感染性皮膚疾患が水... 2019年03月22日
最近の投稿
アーカイブ
サイト内検索
人気記事一覧