• ホーム
  • サラリーマンに多い爪が変色する水虫は早めに抗真菌薬

サラリーマンに多い爪が変色する水虫は早めに抗真菌薬

サラリーマンは革靴を長期間履き続けることで水虫が発生しやすい環境になり、白癬菌が感染してしまうと指の間で皮がむけはじめたり、土踏まず付近の角質が厚くなってボロボロととれてきたり、爪も変色しながらぶ厚くなり、脆くなっていきます。
初期症状の内に抗真菌薬などで対応していないと、痛みやかゆみが酷くなり、足の爪も変色するころはかなり悪化している状態ですから、早急に対策をしなければなりません。

サラリーマンはサンダルで過ごすわけにはいかないので、革靴の管理をしっかりとして水虫ができにくい環境を維持する必要があります。
汗で常に湿度が高い状態になっていると菌が繁殖しやすくなるので、毎日同じ靴を履くことは避けるべきです。
特に夏は歩いたりしなくても足の裏や指の間から汗をかきやすいので、帰宅したらすぐに下駄箱にしまわずに陰干しするなどして除湿する必要があります。
下駄箱の中も除湿剤などを使って、湿気が残らないようにするべきです。

足を洗った後にしっかり乾燥させることも大切で、休日には五本指の靴下を用いるなどして、指同士が長時間くっついて汗をかかないように工夫しましょう。
通気性の良い革靴は中々ありませんが、中敷きに除湿を促進する素材が使われているものがあって、多湿な状態を緩和する期待が持てます。

水虫が悪化して抗真菌薬を塗る必要があるときには、会社に出かける前や帰ってきた後に丁寧に塗布するべきです。
サラリーマンは会社などで薬を塗っていると同僚や部下などに嫌悪感を与える可能性があるので、どうしても塗りたいときには人目につかない場所で行いましょう。

爪が変色するほどまでひどい状態の時には、抗真菌剤を1か月以上塗らないと治らないことがあります。
見た目には分からなくなっても菌が残っている可能性もあるため、しばらくの間は注意が必要です。

関連記事
サイト内検索
人気記事一覧