水虫の足裏

抗真菌薬は水虫にとても効果的な薬です。
外用薬と内服薬の2種類があります。
水虫はカビの仲間である、白癬菌によって発症する皮膚感染症の1つです。
白癬菌は皮膚の角質層部分に感染し、皮膚に含まれるケラチンというタンパク質をエサとして増殖します。
水虫に1度なってしまうと、自然と治るという事はありません。
治療をし白癬菌を除菌する必要があるのです。

皮膚科では抗真菌成分を含んだ薬で、治療を行います。
抗真菌成分は白癬菌をはじめとする、真菌いわゆるカビの細胞膜に作用するのが特徴です。
細胞膜の再合成が阻害される為、除菌の効果を発揮します。
特にイミダゾール系といわれる抗真菌薬は、真菌の中でも白癬菌に対して高い効果を発揮する事から、水虫治療として処方されるケースが多いようです。
新しい抗真菌剤としては、ビフォナゾール、ケトコナゾール、ブテナフィンなどが有名です。

また、最近の外用薬は1日1回塗るだけで、白癬菌に効くように作られています。
長く角質層に有効成分が留まるように作られている為、何回も塗り直す必要がありません。
ただ、外用薬の場合は症状が出ている部分だけでなく、その周りにも薬を塗り広げましょう。

出来るだけ広い範囲に塗布する事で、症状が出ていない部位の真菌増殖を防ぐことが出来ます。
お風呂上りなど、肌の水分含有量が多い時に塗布する事でより一層効果が期待出来ます。
1cm程の量で手のひら1枚分の面積の塗布が可能です。

引用元:ニゾラールクリーム30gの通販:単品4,680円【まとめ買い40%割引】ネット総合病院

ただ、かかと水虫や爪水虫の場合は、外用薬では硬い爪に遮られて中まで浸透する事ができない為、抗真菌成分を含んだ内服薬で治療するケースがほとんどです。
内服薬であれば体の中から、白癬菌に作用する事ができます。

記事一覧
きれいな脚と花

抗真菌薬には市販薬として販売されているものも多くあり、特に水虫治療薬として販売されているような商品で...

ひどくひび割れている水虫状態の足裏

真菌とは俗にカビとも言います。 真菌の中でも白癬菌が角質層に感染、寄生して発症する感染性皮膚疾患が水...

アーカイブ
サイト内検索
人気記事一覧